HOME > ご挨拶のページ

ご挨拶


会長あいさつ
             日本フェノロサ学会 会長 岡部昌幸
            (帝京大学大学院文学研究科日本史・文化財学専攻教授、
             群馬県立近代美術館特別館長、畠山記念館顧問)

 アーネスト・フランシスコ・フェノロサ(Ernest Francisco Fenollosa 1853年2月18日 −1908年9月21日)は、19世紀後半から20世紀初頭の日本と欧米にわたる東西文化交流の偉人でした。スペイン人音楽家の子としてアメリカ・マサチューセッツ州セイラムに生まれ、ハーバード大学に学び、先に来日していた動物学者エドワード・モースの紹介で、東京大学で教鞭をとりました。明治前期の日本に新しい哲学、法学、社会学や思想をもたらしただけでなく、優れた教育者であり、フェノロサのもとからは日本の近代を切り拓いた多彩な人材が輩出されました。
 そして日本文化・芸術を愛し、廃仏毀釈により荒廃していた京都・奈良の調査・研究・保護を弟子であった岡倉覚三(天心)などと行い、文化財保護の運動を起こし、世界にも類例をみない今日の文化財保護法、国宝制度の考案、制定に貢献しました。さらに岡倉とともに、滅びかけていた狩野派初め日本美術の絵師たちを後援して、現代世界に通用する新日本画(日本美術)を創造させ、新しい国立の東京美術学校(現・東京藝術大学)を創立させるのに尽力、その系譜が日本近代美術史の主流を形成しています。国の政策や社会の風潮を、日本の伝統と歴史を見直す方向に転向させたことは、西洋文化偏重がその全盛期であった19世紀後半から20世紀初頭の世界の近代社会においては、きわめて異例で、今日の多様的でグローバルな文明史の視点を予言し、実行する者だったといえるでしょう。
 学者としては、初めて系統的大系に基づいた大規模な日本美術収集をウィリアム・スタージス・ビゲローと協力して行い、アメリカ帰国後はボストン美術館の初代東洋部長を務め、収集と研究によって同部門の基礎を作り上げ、日本・東洋美術史研究の先駆『東洋美術史綱』をまとめました。また教育者アーサー・ダウに協力、日本美術の美学を取り入れ、20世紀のデザイン教育の発展を推進、現代アメリカ美術の美術評論においても足跡を残しました。さらに美術に限らず、書、能など広く日本の芸術、文化を愛好、国際的に紹介し、その影響はイギリスの詩人エズラ・パウンドや劇作家W.B.イェイツに大きく、文学を中心とした20世紀欧米のモダニズム運動であったイマジズムの勃興にまで及んでいます。
 このようにフェノロサとその時代の研究は学際的、国際的に展開するテーマでもあります。そしてその研究の最先端は日本の本学会にあり、仏教を学び、帰依していたフェノロサは、その盟友ビゲロ―とともに、大津の園城寺(三井寺)法明院に葬られています。本学会の40年あまりの歴史と今後は、この日本の第一の恩人であり、日本と世界の芸術、文化、学術の架け橋となったフェノロサの顕彰と、研究の発展を、より広い分野に拡大していくことと思っています。
       

事務局長あいさつ 
                  日本フェノロサ学会 事務局長 新関伸也
                          (滋賀大学教育学部教授)

 明治の黎明期に日本美術の恩人とたたえられるアーネスト・F・フェノロサが、「どうしても琵琶湖の見えるこの土地で死にたい」と遺言を残しました。なぜ、生前から滋賀県大津市の三井寺法明院に葬られることを望んだのでしょうか。仏教の教えを受けた師の桜井敬徳が法明院住職であったことは言うまでもありません。ただ、日本の名所旧跡・寺社仏閣を巡ったフェノロサが、法明院に墓を指定したことは、他にも理由があったからではないでしょうか。
 まず考えられることとして、法明院を取り巻く環境が、別格であったからと言えるでしょう。そのヒントが庭園にあります。傾斜地に絶妙に配置された景石や引水が流れ込む池を巡りながら四季折々の樹木や草花を愛でつつ、目を移せば琵琶湖の水面の輝きと遠くに鎮座した三上山が映ってきます。当時の琵琶湖と山々を借景とした池泉廻遊式庭園の魅力が桜井敬徳阿闍梨の人格と相まって、フェノロサを大津の地に強く引きつけたと推察したいのです。
 さて、このような風光明媚な滋賀県大津市で、大津市及び大津市教育委員会、三井寺及び法名院、フェノロサ関係の研究者、大津市民等の関係各位のご尽力によって「日本フェノロサ学会」が設立してから、やがて40年を迎えよとしています。学会機関誌『LOTUS』も継続して発刊しています。
 近年ではフェノロサ研究のみならず、近代美術及び周辺の研究について、若手を中心に年次大会で発表されています。これからの学会の発展のためにも、新たなる会員の拡大が喫緊の課題と考えています。そのためには、学会の新しい企画や魅力の発信も必要かもしれません。これからも関係各位の本学会に対するご支援、ご協力をお願いして、事務局長のあいさつといたします。      


 

ページトップに戻る